TALK MEMBER

  • イラン、サウジアラビアと20年に渡り中東駐在を歴任
    A・I(48歳)

  • 入社から一貫して財務畑一筋のエキスパート
    H・J(46歳)

  • 会社史上初の40代で最年少部長となった逸材
    K・M(49歳)

部長になると下に仕事を任して、楽して、飲んでるという印象があるけどほんとはどうなのミ?

宇宙人
最近、若手で転職する人が増えているけどどう思うの?
A・I
最近、転職する人が多いと感じる。その時の判断では正解でも人生というスパンで考えれば間違えなこともあると私は思う。
H・J
確かに若い時は転職した方が幸せな世界が広がりそうな気はするかも。でもそれって安易なんだよね。
K・M
そうそう。安易は評価されない、大変は評価を受ける、普通に考えればいいことなんだけど、それさえも見えなくなる。
宇宙人
長く勤めて出世するといいことってあるの?
H・J
私は長く勤めてこそ、様々な経験が得られ、自分が磨かれる。と思う。
A・I
本当に使いものになっていく道は決して乗り物で一気に進むことはできないし、自分の足で少しずつしか歩めない。
K・M
一つずつ信頼を積み上げていくことで仕事を任され、職位を得て、お金、ヒトを動かせるようになり、チームがグループになり、グループが部になる。そうなれば、会社勤めは本当に面白いんだけどね。
A・I
そこには給料の多寡や待遇の善し悪しなどとは関係のない世界が待っている。
宇宙人
関係ない世界って?
H・J
本当に面白い世界だよ。
A・I
私自身、やっと23歳の時の志を具現化できる時を迎えた。
K・M
商社は部長からが面白い、誰もそんなこと言わないけど、本当に私はそう思うな。具体的なことはここでは語れないけど(笑)。

商社は部長からが面白いって、具体的に教えてほしかったんだけど、、、教えてくれなかったミー。自分で体験するしかないのか。興味ある人は自分で聞いてみてミー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

RECENT

TOP