よくワンマン経営者とか言われるけど、働く人の団結にはなにが有効なのかツンケ?

宇宙人
正直、社長で大切なことって何ですか?
Y・S
一つだけというなら、コントロールしたいって欲求を消すことじゃないかな(笑)
宇宙人
えっ、それって、どういうこと?
Y・S
昔のようにマニュアル的な仕事をしていればそれなりのサービスでという時代ならよかったんだけど、もうそれじゃ無理だね。コントロールするということは、管理するということ、自由をさせないということ、それは効率的だと思われるよね?
宇宙人
そう思うツンケ。
Y・S
単純にこなすだけの存在であればそれでいいけど、もうそれじゃダメなんだよ。まあ、ワンマンでそういう歴史を背負ってきた経営者が多いから、なかなか難しいんだろうけどね。部下達が自由にふるまいはじめたら、状況に応じた仕事をしたら、コントロールは管理職の手から、管理される側に移ってしまうから。
宇宙人
それはどうなの?
Y・S
だから逆にならなきゃいけないんだけどね(笑)コントロールするのが従業員でコントロールされるのが経営者、いろんな汗かき仕事、支える仕事、経営の帳尻をとる仕事をするのが経営者とならないと(笑)でも、普通の経営者はだめだろうね、特に小さい企業は自分の資金でやってたりするし、偉いとか、お金の面でもいい思いをしてるから、それを手放せないだろうしね。
宇宙人
それじゃ、どうすればいいの
Y・S
大丈夫。時代は変化して、どんどんそういう会社は淘汰されていくから。人材も流出するだろうし。だから、これからの経営者に必要なのは、人を見極めること、そして、その人を心中するくらいの気持ちで信じること、コントロールする欲求を手放すことだと僕は思うね(笑)ホテルだったら目的はお客さまに気持ち過ごしてもらうこと。経営的視点からは非効率と思うことでも、コントロールしたいという欲求は当然生まれて来るけど、それを実現するために頑張る社員には自由と権限を渡さないとけいないと思う(笑)大変だけどね(笑)

社員が一丸になるのって、この世の中に何をする、しているってことが基盤にないといけないのかもしれない、そのためには、組織ということも考え直す時代が来ているかもしれないツンケ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

RECENT

TOP