TALK MEMBER

  • 広告賞多数受賞のクリエイティブディレクター
    H・Y(52歳)

  • 営業からクリエイティブ部門に転じた異色のキャリアの持ち主
    T・K(51歳)

  • 若手時代にH・Y、T・Kにとことん鍛え抜かれた後輩
    T・A(44歳)

20年ぶりの再会、それぞれが制作の現場で働いてきて分かったことを聞いてみるナノ!

宇宙人
広告業界に20年以上いるって大変?
H・Y
もう常に寝不足だよな。体にガタが来ているよ。
T・K
最近は厳しくなってきたけど、朝から晩まで撮影で、そのあと泊まり込みで編集してって、それでまた全部イチからやり直すなんてザラ。
T・A
僕のところは今でもそうですよ笑。でも、あのときは踏んだり蹴ったりでもっと辛かったですね。
宇宙人
20年働いて、分かったことって何?
H・Y
常にコンペはあるし、もちろん毎回勝てるわけじゃないんだけど、この業界に長くいると、ある程度成功するやつの特徴がわかってくるよ。勝てるやつって、威張らないんだ。
T・K
たしかに。そこそこやっていると、どんどんポジションは上がっていくんだけど、やっぱり大切なのは偉ぶらないこと。1回ヒットするとみんな勘違いしそうになるんだけど、何発も継続していいものを世の中に出せる人って、謙虚だよ。偉そうにしててうまくいってるやつにあったこと無い。
T・A
たしかにそうですね。作るものに関しても、常にこれで大丈夫なのかって、疑い続けているイメージがあります。
宇宙人
一般的なクリエーターのイメージと違うナノ!そんな人たちの共通点ってあるナノ?
T・K
たぶんね。臆病なんだよ。広告って人のカネでモノ作ってるわけだから、恐ろしい行為なんだよ。その恐ろしさを身にしみて感じて、噛み締めながらつくるから、いいものができる。
T・A
内心はビクビクですよ。いくら賞をとったとしても、まわりのクリエイターに褒められても、そこだけは変わらない。

T・K
今だめだったらすぐ打ち切りだし、そういう意味では背水の陣だよな。崖っぷちにいるのがわかっているから、一生懸命やるし、手を抜かない。
H・Y
そうそう。でも久しぶりに集まって、自信ついてんのかなと思ってたら、謙虚とか臆病だからやってこれたってことに共感するなんてな。年取っても、見た目がいかつくなっても、中身は変わらないものだな。

自分に自信をつけて堂々と振る舞うこと、みたいなポジティブな精神論が来ると思っていたナノ!臆病だからうまくいくって、逆説的かもしれないけど、世の中の真理をついている気がするナノ!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

RECENT

TOP